Maintenance & Export

ハイブリッド車 GWS204 クラウンハイブリッド バッテリー修理

平成22年登録

GWS204 クラウンハイブリッド

走行距離 125,000km

 IMG_0180

HVバッテリー異常で交換が必要とディーラーで診断されて入庫しました。

エラーコードはP0A7F電池パック劣化を示しています。

診断器でデータを保存すると面白いことがわかりました。

放電時は放電時間が長くなると徐々に各ブロックの電圧差が大きくなります。

充電時は徐々に電圧差が小さくなっていきます。

消費時に電圧さが大きくなる場合は特定のブロックに異常があることがほとんですが、

この車両は電圧差が均等にバラけるという様相です。

スクリーンショット 2016-08-02 13.29.29

一つ一つモジュール測定すると明らかになるでしょうが、

現時点では劣化による容量低下というところでしょうか。

早速車両からHVバッテリーを取り外し、

IMG_0453 IMG_0448

分解しました。

IMG_0458

モジュールごとの電圧、内部抵抗値、放電容量全てを測定します。

特にこの車両のように電池パック劣化のエラーコードが検出されたものは、

電圧だけを計測しても何の役にも立ちません。

内部抵抗値もある程度の参考になりますが、

決め手とはならずやはり放電容量を測定しなければ判断できません。

この電池パックでは全40個中25個のモジュールが基準値を下回る結果が出ました。

リビルト用弊社充電済みモジュールと全数交換して組み込みます。

IMG_0460

走行テストの結果も良好でSOCも58〜73程度で推移しています。

交換後の各ブロック電圧のばらつきも0.3V以内に収まり良好な状態です。

スクリーンショット 2016-08-03 15.26.52

お客様にも状態をご確認いただき喜んでいただきました。

ありがとうございました。

  • 2016.08.05
  • ハイブリッド車