Maintenance & Export

ハイブリッド車 GWS204 クラウンハイブリッド 電池パック劣化

ハイブリッドシステム異常の警告灯が点灯するという

GWS204 トヨタクラウンハイブリッド

点検してみるとP0A7F-123が記録されていました。

スクリーンショット 2016-12-04 16.27.08

フリーズフレームデータを確認してみると

スクリーンショット 2016-12-04 16.43.38

このようにエラーを出した直後の記録のようで、

致命的な数値は見られません。

しかしながらこの電圧帯の割には電圧さが若干大きいように見受けられるので、

グラフにプロットしてみました。

スクリーンショット 2016-12-04 16.42.50

こんなデータの時はほとんどのモジュールが均等に劣化しているケースが多いです。

もう少し条件を厳しくして負荷をかけて状態で計測した数値を上記のグラフ上にプロットするとこうなりました。

スクリーンショット 2016-12-04 16.48.54

中央部分の劣化が激しいようです。

このような場合は部分的な修理はお客様のメリットにならないので

リビルトをおすすめしてご理解をいただきました。

バッテリーを車両から取り外し

IMG_0544

分解しリビルトします。

IMG_0542

リビルトバッテリー搭載後の計測値を同じグラフ上にプロットしました。

スクリーンショット 2016-12-04 16.54.16

大きな電圧差もなく安定しています。

取り外したモジュールの容量点検を検証のために行いました。

スクリーンショット 2016-12-04 16.55.06

案の定容量が著しく低下しています。

リビルト搭載後の走行テストでは、

順調に回生エネルギーを電池に蓄えられました。

バッテリー表示が満タンになるのも確認して修理完了としました。

  • 2016.12.04
  • ハイブリッド車