Maintenance & Export

ハイブリッド車 プリウス 駆動用バッテリー交換

unnamed

こんな警告灯が点灯したということで入庫したプリウス。

年式 平成18年式

型式 NHW20

走行 160,000km

オンボードダイアグノーシステスターを接続して異常コードを確認すると、

山盛り異常コードが検出されました。

こんな場合は駆動用バッテリーが非常に怪しいです。

早速、バッテリーを取り外し点検です。

IMG_6975

中身はこんな風になっています。

しかし内部は非常に高電圧、取り扱いの訓練を受けたものしか開けてはいけません。

内部の電圧は直流で208Vです。

注意書きもあります。

IMG_6978

感電すると死亡する恐れがあります。

と、いうか、本当に死んじゃうと思います。

良い子の皆さんは決してマネをしないようにしましょうね。

さて、せっかく分解したので一つ一つ点検します。

IMG_6993

端から順番に電圧を計測します。正常な値はこれです。

7.88Vです。非常に元気な状態です。

何の問題もありません。

全28個のうち26個が正常でした。

正常でないのはこれです。

IMG_6991

6.57Vです。

残念ながら、モジュール単位での部品供給がないため、

安心第一を求めるお客様の要望により新品バッテリーと交換になりました。

IMG_7029

 修理方法としては一番高額ですが、一番信頼性の高い整備です。

このほかにもリビルトバッテリーとの交換や、中古品との交換、

そして、不良モジュールのみの交換も行っております。

ハイブリッドカー運転中にビックリマークが出たら思い出しください。

  • 2015.04.14
  • ハイブリッド車