Maintenance & Export

その他 986 Boxterウォーターポンプ損壊

986K Porsche Boxter

147,720km

IMG_0635

お客様から入電。

突然「キーッ」という音がしているのだけど何でしょう?

という連絡をいただきました。

お話を伺うと何かベルトがスリップしているような音と受け取れるご説明でした。

何らかの原因で動かされる側のプーリーが固着したようです。

大事に至る前に直ちに停止して待っていただくようお伝えして、

幸いにも比較的近距離だったため現場に向かうことにしました。

出発してまもなくしてから、もう一度電話があり、

「突然冷却液が漏れだした」

とのご報告が…….

「あ〜、ウォーターポンプに異物が噛み込みプーリがロックしたのか…」

即座に状況が判明しました。

移動途中で保険会社の搬送サービスを手配し、

乗って行った車を代車としてお使いいただくこととしました。

現場に到着し、状況を確認していると搬送サービスカーが到着しました。

無線入電を受けたのがすぐ近くだったようで、

お互いに時間のロスがなくラッキーでした。

工場入庫後分解してみると

IMG_0634

樹脂製のインペラーが破損していて破片がクサビのように挟まってしまい

回転を阻害していたようです。

新しい部品は改良されているためか樹脂製から金属製になっていました。

IMG_06362

交換後のエアー抜けの悪さが大変です。

ATオイルクーラーのシャットオフバルブをオープン固定にし、

エアブリーダーバルブを開き

手順通りの回転数でエンジンを回転させながらエアーを抜いていくのですが、

なかなか抜けきらないこの作業……

ようやく完了し、電動ファンの入り切りも、作動状況も確認して完了となりました。

  • 2017.07.19
  • その他