Maintenance & Export

その他 AUDI A4 8Kオーバーヒート

2012 Audi A4 8K

IMG_0311

冷却液残量警告灯が点灯したと第一報がありました。

入庫後早速点検しても、どこからも漏れていない様子。

注入口の付近が濡れているのはユーザー様が

冷却液を継ぎ足しの際にこぼしたのかと思っていました。

ところがレーシングしてエンジンを温めると急速に水温計が上昇。

ゲージが上がって、電動ファンが回転しているのに、

IMG_0309

ラジエーターを通った空気はやけに冷たい。

全く熱交換していない様子。

どうやらオーバーヒートで注入口から冷却液が吹き戻していたようです。

サーモスタット全閉かポンプ不良と診て作業を開始。

ポンプはこの奥。

IMG_0310

こんなに作業の困難な場所についています。

IMG_0308

エンジンブロックから取り外し完了

IMG_0301

樹脂製のポンプでサーモスタット内蔵です。

水温センサーもこの場所についています。

IMG_0303

ここまで外してポンプの品番を読み取り確認して告げないと

適合するサーモスタットを部品として供給してくれません。

オーバーヒートした樹脂製ハウジングを分解するのは、

今後トラブルを招く可能性が高いので、

ポンプごと交換することになりました。

交換後水温は90℃で安定しています。

  • 2016.03.02
  • その他